記事一覧

蝦夷鹿

ファイル 1782-1.jpg

蝦夷鹿の入荷が続々と、、。

内地で獲れる鹿はこれからなので、今は蝦夷鹿がお勧めです

シシ肉と違って筋の処理、熟成させてから調理という手順です

焼き加減はすべてレア、です

火を入れすぎるとぱさつきます

甘酢っぽい食材と合わすとけっこう美味しいお肉です

うちの場合は 煮詰めたバルサミコ酢です。

シャンパーニュ試飲会

ファイル 1781-1.jpgファイル 1781-2.jpgファイル 1781-3.jpgファイル 1781-4.jpgファイル 1781-5.jpg

30種以上のシャンパンを試飲する、他にも滅多に飲めないような高級ブルゴーニュ

RMの規模は小さいが、お味は素晴らしいシャンパンばかりでした

特筆はアンリ ショーヴェ御夫婦が作る ミレジウム キュベ ノワールとブランシュ

ビンテージは2013年 雑味無く繊細な口当たりは上質で丁寧に作られたシャンパンである証しです。

御夫婦もフランス人とは思えないくらい気さくで人柄の良さを感じられました。

157,161,163,164は素晴らしかった なぜかブランドブランのシャンパンばかりでした。

米油のシフォンケーキ

ファイル 1780-1.jpg

和歌山県の一カ所のみ 米油を絞って販売している

安全な油ということで、当店ではサラダ油は一切使用してません

調理にはオリーブオイルです、ドレッシングにも。

ケーキが怖いというのは小麦粉(外麦) 砂糖、油の3つ

シフォンケーキの小麦はオーガニックのカナダ産、オイルは米油、砂糖はテンサイ糖

安全なデザートを食べて下さい。

トマトの旬

ファイル 1779-1.jpgファイル 1779-2.jpgファイル 1779-3.jpg

今月一杯はおいしいトマト、塩トマトや健緑トマト フルーツトマト

中でもミニトマトで一番美味しくてお安いのが針テラスで販売されてる映像のトマトです

ハズレは今のところ無し、お勧めです。

七分つきと3分つき こだわりのお米 色の黒いほうが3分つき 玄米により近いです

2週間で体調の変化が出始めます

血液が浄化されてアトピーや肌荒れ、その他慢性疾患に効果があるということです。

あきらめず、継続することです。

蝦夷鹿の解体がやっと終わりました、筋が多くて素人には無理な作業です

イノシシなら簡単なんですが、、、・

雌の4歳、柔らかく上質なお肉です

お待ちしてます。

月ヶ瀬から柳生、大宇陀

ファイル 1778-1.jpgファイル 1778-2.jpgファイル 1778-3.jpgファイル 1778-4.jpg

京都のやましろ名産 タケノコは別物 品質が違います

求めて行ってきたが、まだ少し早かった 残念

柳生から針 もだめ 大宇陀も又兵衛桜でうじゃうじゃと年寄りが、、。

葛城でやっと見つけたタケノコ 上物でした


鹿肉が半頭分届いて、仕込み中です

今日は鹿肉とタケノコです

周参見 ケンケンカツオ

ファイル 1777-1.jpg

やっと、入荷した 初カツオ

紀州のカツオは、日本一です

小ぶりですが、しっとりとした味わいは最高です

臭みや身が柔らかい、ということは一切ありません、コりっとネットリの間だかな?

冷凍もののタタキなんか手を出さないこと、カツオが嫌いになります。

古酒 1974年のオーブリオン

ファイル 1776-1.jpgファイル 1776-2.jpgファイル 1776-3.jpgファイル 1776-4.jpg

44年前のボルドーワイン シャトーオーブリオン この時代はボトルサイズが730clです

澱がたんまりと出てるのではないかと推察してましたが、以外に50ccも無かった

でもコルクはぼろでした、リコルクしないともう持ちそうにありません。

マニアでもなければ、飲むべし。

お味は、まだまだ熟成中 色つやもやや透明感が出てましたが茶色にはなってません。

十二分に楽しめましたね。

マグナムのシャンパンは世界で一番大きい会社のモエ エド シャンドン ドンペリで有名なところ。

常温管理であったため色つやがやや濃くなって、味わいはやや重くなっていた 溌剌とした

味わいが少し失せていましたが、これはこれで美味しくいただきました・

ミュルソーまで飲めなかったのは、残念、又次回と言うことでセラーで寝かせてます


パンも継ぎ足して強力なパワーで石臼挽きの小麦粉をふくらませてくれてます

天然酵母 恐るべし、まったく作り手の言うことを聞いてくれません。

古酒の試飲会、その内開催します

ご期待下さい。

ページ移動