記事一覧

ドンペリ 2009年

ファイル 1916-1.jpeg

シャンパンで有名なドンペリ、修道院のお坊さんのことです。

黒ぶどうが主体なので、やや重い味わい が特徴

長いこと味わってませんが、忘れられないお味です。

25日の牡丹鍋会

ファイル 1915-1.jpgファイル 1915-2.jpgファイル 1915-3.jpg

来週、日曜日の牡丹鍋会 80キロを超える大猪です

ロース肉とばら肉の映像です、今日も予約で仕込みに追われてます


3センチを超える脂、この時期としては珍しいくらいの良質な猪です

お待ちしてます!。


入荷したビオのワインも厳選してますよ。

紅玉りんご

ファイル 1914-1.jpg

岩手県から、10キロの紅玉が届きました

嬉しいけど、この後の仕込みが大変です

コンポートにしてデザート、焼きリンゴ、りんごのタルト、クリームチーズと合わせてガトーに、、

いう事は簡単ですが、一手間かかります。

当分、りんごの手作業が続くことになりそうです。

久礼カツオ

ファイル 1913-1.jpgファイル 1913-2.jpg

四国高知県、中土佐にある久礼 その名前が付いたカツオ 全身がトロ しつこさは無くあっさりですが、戻りカツオの最高峰です。

四国の地酒と合わせれば最高なんですが、、、秋田県の特別純米 天の戸と合わせて最高です。

蟹には兵庫県香住の山廃 香住鶴です。

明日はこのお酒でお楽しみください。

せこ蟹

ファイル 1912-1.jpgファイル 1912-2.jpg

ズワイカニ 雄は美味しいが高価

雌のせこ蟹、小さいが旨味が凝縮

足も甲羅に入れてグラチネ

邪魔臭い作業です、

でも美味しいという声のために、セッセと作ります。

帆立貝と蟹のテリーヌ

ファイル 1911-1.jpgファイル 1911-2.jpg

クラッシックな前菜です、簡単に作れますがパワーがいるお料理です

帆立貝はすり身にして、、卵と生クリームでつないでゆきます、この作業が力技です

ほぐしてあった、蟹と内子といわれてるピンクの子を真ん中に入れ、テリーヌ型に入れて湯煎で焼き上げるだけ。

わさび菜を添えて出せば立派な前菜です。

作り置きができて重宝するお料理です。

京都でパワーをもらってきたので、今日は特に元気です

刀祭り、25日までですよ。

サゴシのきずし

ファイル 1910-1.jpgファイル 1910-2.jpgファイル 1910-3.jpg

関西ではきずし、といえば鯖が普通です、今年は鯖が不漁

さわらの小さいサゴシで作ってます、3枚おろしで塩をあて、脱水 酢洗いして昆布で締めれば出来上がりです。

網で獲ったサゴシは身が割れていた美味しくありません、あくまで活け物、一本釣りがベストです、滅多にありませんが。

カブで作った千枚漬で巻き上げても美味しいく頂けます。

お月様がシンゲツ、こんな時は満月同様、おさかなは獲れません。

勝手に生きてると思って過ごしてる方がほとんどの世の中、生かされてることを知るべしです。

ページ移動