記事一覧

主役

ファイル 1813-1.jpgファイル 1813-2.jpgファイル 1813-3.jpg

たけのこ好きは、メインとなる食材より筍を何より優先する

猪も年明けからずっと筍を人間さまより先に食しています

相性が悪い訳が無い、孟宗、はちく、次は真竹

はちくと真竹は糠をいれずに湯がきます、糠なんて臭いから私は全てのたけのこには入れて湯がきません。

鮮度がよければタカノツメだけです。

当分、筍が主役です。

和泉のはちく 極上品

ファイル 1812-1.jpgファイル 1812-2.jpgファイル 1812-3.jpg

タケノコがない日常が我慢できず、朝っぱらから混んでいるのを承知で買い出しです

動きの鈍いお年寄りやスマホ片手のアホ達に混じって買いものをするのか? 忍耐が非常にいります。

お仕事よりある意味辛い。

極太で真っ白で、柔らかいはちく、ついにゲットする

こんな日は一日 機嫌がよろしいようです。

タケノコと天然物のキノコ、旨い食材 欠かせません。

ア ワ ビ の季節 お高くなる前にどうぞ!

気温の変化

ファイル 1811-1.jpgファイル 1811-2.jpg

夏日 気温が急上昇 体も心も天然酵母も乱れます

人は自律神経が狂いやすくなり、眠れない、いらつき、荒れます

酵母も生き物、こう気温が高いと捏ね上がりの温度か高く 酸っぱくざらついたパンになります

冷水で生地を引き締め、低温発酵です。

人が気持ちよい温度は 酵母も同じ セラーの中でじっくりと粉のうま味が出るように熟成させます。

邪魔くさいと思わないことが肝要です。

暑いですが今日も旨いパンを焼きます。


疲れて神経がささくれたときのお酒はブルゴーニュの赤 決まりです。

ドイツワイン試飲会

ファイル 1810-1.jpegファイル 1810-2.jpg

本日は、夏向けの白ワインの試飲会で夜はお休みします

あしからずご了承ください。


白ワインの代表はシャルドネ、でもドイツにはありません 気候風土がちがいます

ゲバルツ、リースリング、ピノグリ、シルバーナ、そんな所です


赤空豆のご飯、赤飯のようですがお味は普通の豆ご飯です。

もちろん、無農薬ご飯です。

天然本鮪

ファイル 1809-1.jpgファイル 1809-2.jpgファイル 1809-3.jpgファイル 1809-4.jpg

マグロと言えば、本マグロ 黒マグロのことです

でも、市場で出回ってるマグロは、殆どが蓄養マグロ

食べる価値無し。

大間が有名な本マグロ、今は宮城県沖のマグロです

トロと呼ばれてる脂の部位です

岩塩でサラダ仕立てで試食でした、

美味いのは当たり前 しつこくない本マグロのお味を楽しんでください。

軽めのブルゴーニュがお勧めです

ジョゼフ ドルーアンのコートドボーヌがよいです。

あとは地酒ですね。


洞川温泉から下市に抜ける山道、お目当の筍はありませんでした、残念。

パエリア会 終了後

ファイル 1808-1.jpgファイル 1808-2.jpg

使いこんでるパエリアパン、上々に出来上がり好評でした

オリーブ油をたっぷり、イカタコ、オニオンはよく炒めるが ポイントです

アサリのスープでお米の固さを調整すること

スパニッシュ オムレツもスペインでは固焼き しっかり中まで火を入れます

オリーブ油、100パーセントで焼き上げます。

明鏡止水

ファイル 1807-1.jpgファイル 1807-2.jpgファイル 1807-3.jpg

明鏡止水 長野県の地酒 本醸造は辛いだけ、コクもうま味もなくがっかり

すこし上のランクもたいしたことがない、と思ってましたが 大はずれ


純米吟醸はふくよかなうま味と甘み 飲み飽きもせず心地よい余韻が続きます

うまい酒は気分まで良くなります、お勧めです

メニューにはないパスタ料理

こればかり注文するお客さんがいます、必ず和風でと言う注文です

はちく、ピーマン、白身魚入り でした。

ページ移動