記事一覧

ケンケンカツオ

ファイル 1937-1.jpgファイル 1937-2.jpegファイル 1937-3.jpegファイル 1937-4.jpeg

この季節には珍しく、一本釣りのカツオが入荷

戻りカツオは脂が乗っていて別物、タタキで試食

うなるくらいのうまさです。

やはり、地酒を飲みたくなります

珍しいところでは、山口県の五橋、丹波の小皷

愛知県の義侠、楽しみはたくさんあります。

でも良いお魚は少なく、良いものほどお高い

日本の市場は和食屋さんがお値段を決めてるので、商売がしにくいです。

朝日鷹

ファイル 1936-1.jpeg

言わずと知れた、山形県の高木酒造 14代のお酒で高名です

14代は美味しいですが、お値段が何万もします、で、地元の消費用に作ってる朝日鷹

本醸造ですが、中身はほぼ14代? キレはなくほんのり甘め、14代はもっとスッキリしてました。

2017年の製造、一年寝かせてました、古酒です

ただし、流石に400年も前からお酒を作ってる蔵元です、あみ飽きず、食中酒にはピッタリ。

値段を吊り上げ出した悪徳酒屋も出始め、将来が不安です

新年会は1月6日日曜日に決定 PM6時スタートです

夜はこのお酒を楽しんでください

お料理は未定、猪年なんで多分猪料理です。

ダイエット食

ファイル 1935-1.jpegファイル 1935-2.jpg

年をとると、新陳代謝が悪くなり機敏な動きもできなくなり、ますます無精

たるんでくるのは当たり前です

それなのに、脂身のお肉が食べたい、という方にお勧めが 子羊です。

ニュージーランド、オーストラリアからの輸入もので十分です、お値段も豚肉くらいですから手頃です。

ただし冷凍物はかなり臭いがするお肉も多いので、下処理が重要です、余分な脂と筋は綺麗に取り去り、赤ワインと香草でマリネすること。

ローズマリーやタイムが一番よく臭みをとってくれます、あとは塩を多めに振って焼くだけです。

甘酸っぱいソースが相性が良いので、手頃な焼肉のたれとすりおろしたフルーツがあれば美味しいソースが出来ます。

お店では、デミグラスソースと今はりんごをすりおろしてます、コンポートや甘めに炊いた大正金時豆も添えてます。

一度お試しください。

ムーも只今ダイエット食です。

加太の天然物

ファイル 1934-1.jpgファイル 1934-2.jpgファイル 1934-3.jpg

真鯛、おたいさん

キロ、片手を超える値段になってしまいました、正月準備に入ってる卸市場はお値段が何もかもがお高い!


入荷したのは、1、2キロ越えです

尾びれに近いところの骨をみてください、コブができてるのがわかりますか?

海流が速いので力が掛かるんですね、一山超えた由良の鯛は半値です

マツカワ造りです、グッと美味しくなってる真鯛の前菜です、文句無しです。

30日はディナー営業

ファイル 1933-1.jpg

ご予約で、30日も普通どうり営業です

お魚は、期待できません。

シャンパンのブランドブランの説明です

普通はブレンド、黒ぶどうとシャルドネ、ピノムニエ 色々混ぜるんですが、ブランドブランのシャンパンは、白ぶどうのシャルドネだけです。

キリッとスッキリした味わいです、ピエール、Gは優秀です、その隣のピエール、ゼロ 何とシャンパンなのにアルコールゼロ、飲めない方用です。

中身はまさしくシャンパン。

年末年始の営業

ファイル 1932-1.jpgファイル 1932-2.jpgファイル 1932-3.jpg

年内は12月30日ランチ営業、午後はお休み

年始は1月2日ランチは営業、残り2席

新年会は4日金曜日夜の予定です

奮ってご予約ください


新年会用のワインとお酒です、セラーで熟成中。

お料理は未定、ふぐ? 

足赤海老

ファイル 1931-1.jpgファイル 1931-2.jpgファイル 1931-3.jpg

脱皮したての足赤海老、ヒラメのムニエルと合わせてお出しして好評

頭から食べられる海老でした。

足赤海老は御節に入れる料亭が多く、注文が今日から殺到、値段が倍に化けてます

当分は海老料理はありません。

足、といえば人も重要なパーツ、年と共に弱ってゆく


足を掬われる、足元を見られる、足の例えも多い

オシャレは足元からとも言います、雪でも積もれば都会はパニックです

雪でも凍結してても仕入れを休めない、で購入したのが雪山用のブーツ

備えあればというヤツです。

ページ移動