記事一覧

パエリア会 終了後

ファイル 1808-1.jpgファイル 1808-2.jpg

使いこんでるパエリアパン、上々に出来上がり好評でした

オリーブ油をたっぷり、イカタコ、オニオンはよく炒めるが ポイントです

アサリのスープでお米の固さを調整すること

スパニッシュ オムレツもスペインでは固焼き しっかり中まで火を入れます

オリーブ油、100パーセントで焼き上げます。

明鏡止水

ファイル 1807-1.jpgファイル 1807-2.jpgファイル 1807-3.jpg

明鏡止水 長野県の地酒 本醸造は辛いだけ、コクもうま味もなくがっかり

すこし上のランクもたいしたことがない、と思ってましたが 大はずれ


純米吟醸はふくよかなうま味と甘み 飲み飽きもせず心地よい余韻が続きます

うまい酒は気分まで良くなります、お勧めです

メニューにはないパスタ料理

こればかり注文するお客さんがいます、必ず和風でと言う注文です

はちく、ピーマン、白身魚入り でした。

ペリエ

ファイル 1806-1.jpgファイル 1806-2.jpgファイル 1806-3.jpg

こう暑いと 泡物が欲しくなります

アルコール飲料が飲めない、アルコールはダメの時 いつもこれで我慢します

食後は珈琲、又は紅茶 それと暑い時期限定 ペリエ お選び下さい

スカッとした口当たりはのどに潤いを与えてくれます、どこかのお店みたいにお水に代金はいただきません。

最後のロット イノシシの骨とお肉が入荷 これからは鹿肉が美味しくなります

お魚はヒラメが終わり、鰈、鱧、蛸がしゅん

今度の日曜日はパエリア会 

お待ちしてます

初夏のお料理

ファイル 1805-1.jpgファイル 1805-2.jpgファイル 1805-3.jpgファイル 1805-4.jpg

昨日は真夏なみの暑さ、今年は異常です

十津川辺りまで走ってきましたが、とくに良い食材にはお目にかかりませんでした

初夏と言えば、鱧の落とし 梅肉が暑さ対策にもなります

高級ですがアワビのステーキ 淡路から入荷します

暑さに負けず、美味しく滋養のある食材をお召し上がり下さい。

新物 

ファイル 1804-1.jpgファイル 1804-2.jpgファイル 1804-3.jpgファイル 1804-4.jpgファイル 1804-5.jpg

初夏から晩秋まで 意外と長い期間出回ります

ショウガ すし屋さんではガリと呼ばれている酢漬けのショウガ

ピンクに染めてある粗悪なモノもあるので用心しましょう、防腐剤と保存料入り 発ガン性物質です。

うすかわを剥き塩もみ、サッと湯がいて熱い間に甘酢をかけて瓶詰め 2,3日後から食せます

最初は辛みが強く大人向け、浸かりきるとお子様でも食べられます。

お魚、甲殻類の隠し味にショウガを入れて作ってます、気がついた人はおられましたか?

無農薬、天日干し 7分つき

ファイル 1803-1.jpgファイル 1803-2.jpgファイル 1803-3.jpg

鳥取県のひびき農園から届きました

自然乾燥 天日干し 化学肥料無し、除草剤無し、もちろん無農薬栽培の玄米

7分つきです。

このお米でパエリヤを作ります 期待して下さい。


ワインも夏向け ルイ 二ヶーズ 値上がりしましたが販売は同じです。

安酒の赤 ガレバンのVDP 十分美味しいです もちろんビオ ワンコインでがぶがぶ飲んで下さい。

パエリア会

ファイル 1802-1.jpgファイル 1802-2.jpg

ヨーロッパで水田地帯が広がるスペイン かれらもお米をよく食べます

パエリア、又はパエラという方もいました

両手が付いた鉄鍋です

使い込むと味わいも、お味も良く出来るようになります

ただし、鉄ですから錆びます、普段のお手入れが重要 怠けてるとヤバクなるのは体も同じです。

オリーブ油をたっぷり使い、生米から強火で炊きあげすこし芯が残るよう仕上げます

底のおこげがポイント、焦げのないパエリアは旨くありません。

お酒を飲まない人もぜひお越しください。

前菜とパエリアで¥3500デス。

今日から南風 紀州は荒れます、シーフードは期待出来ません・

ページ移動