記事一覧

鰆のレモン焼き

ファイル 1991-1.jpgファイル 1991-2.jpgファイル 1991-3.jpg

春のお魚はムラがあります、紀州の一本釣りの鰆

今が旬の国産レモンを挟んで焼き上げてます、下手なソースなんかはありません

トマトの酸味と菜の花だけ。

バルサミコ酢が決め手のお料理でした。

シャルドネの白より、S-ブランの白がオススメです、軽めの赤でも良いです

もちろん泡物でも、ピノが主体のシャンパンななら負けませんね


どうしてシャンパンはお高いからって?

バンムスーやカバとは違い、すべて葡萄は手摘み、酵母を加えてからビン熟13ヶ月、ビンテージ物は36ヶ月以上寝かせないと出荷できない法律があるからです。

経済力がなければとてもシャンパンなんて作ってられません、ちなみに一番大きい会社はドンペリで有名な、モエ社

当たり外れが心配な方はこのメーカーを飲むべし、管理が悪いシャンパン以外はまずはずれませんよ。


最後の映像はスペイン産カバ、手頃で楽しめますが、、シャンパンと比べない事

お値段も半額以下です、これはこれでビールを飲むよりよほどオシャレですね。

初物、ホタルイカ

ファイル 1989-1.jpgファイル 1989-2.jpg

富山県から、湾内のホタルイカが入荷

今年も、漁獲量は少な目、お高く付く一品

冷凍戻しのホタルイカ、湾外のホタルイカには手を出さぬ事

ホタルイカが嫌いになります

前菜として、当分ホタルイカです


好き嫌いの分かれる食べ物や飲み物は、沢山ありますが、紅茶ではこれです

松脂の燻製香をつけてある独特の風味、ラプサンスーチョン。

私は最高だと思ってます。

ムジカという紅茶専門店、大阪から撤退、今は神戸だけです。

残念なことです。

食べるクスリ

ファイル 1988-1.jpgファイル 1988-2.jpgファイル 1988-3.jpg

玄米に含まれる成分の一つ、フィチン酸

抗がん作用が大いにあるそうです、精神障害やアトピー、便秘、肌荒れ、つまり美容にも大いに良いと言うこと。

但し、1日に摂取する量は大さじ2杯程度にする事、お腹が緩くなるそうです

1日に一度しかコメを食べない自分には、7部つき玄米の上に振りかけて食べてます。

お店のデザートや天然酵母のパンにも加えてます、あてたお客さんは未だゼロです。

なんども言いますがお金で、健康は買えません。

予防が一番。

体も心も、お店の銅なべも、磨いてます。

菜の花が今抜群です、もう終了します

タケノコご飯と天然真鯛

ファイル 1986-1.jpg

真鯛がいよいよ本番、少し前にも書いた。

紀州加太が最高ですが、お隣の白崎沖あたりの真鯛も脂が十二分に乗ってきた

さすが桜鯛です。


タケノコはまだ小さく繊細です、カツオだして炊いてから焼いて仕上げてます

このお料理はいつもお褒めをいただける上質さ、原価無視の一品です。

来月4月で終了です。

でも今が一番です、お早めにお越しください。

いのししのロティ

ファイル 1984-1.jpgファイル 1984-2.jpgファイル 1984-3.jpg

人数が多い宴会はさっと仕上げて美味しくなければ、満足していただけません。

作り置きはしたくないので直前まで緊張の連続です

お料理は逆算、時間のかかるものから始めます

ローストビーフが作れれば一人前といった時代もありました、何せ中身は見えないのにロゼに仕上げねばなりません。

今回はイノシシロースで作りました、和牛よりかなり火を多く入れて仕上げてます。

シーフードが全く入荷がりません、明日もシケで期待薄です。

天然真鯛

ファイル 1983-1.jpgファイル 1983-2.jpeg

おたいさんが、今から最高の季節

和食の方々が、使い出したのでお値段はぐっと高尚

紀州の天然真鯛は取り合いです、淡路や瀬戸内の真鯛はぐっとお手頃ですが、味が違います

当分、お魚は真鯛料理です、筍と合わせてお楽しみください。


勉強中の古代歴史、今まで学校で習った歴史は全くの嘘っぱちでした

古代の方の方がずっと文明が進んでいた事は確かです、カタカムナの世界に争いはありません。


世界の始まりは、日本からです、白人よりもずっと優秀な日本人 早く目覚めないとこの国は無くなります。

マグロの炙り

ファイル 1982-1.jpgファイル 1982-2.jpg

本鮪、脂の多いのが苦手、そんな時は炙って余分な脂をを落として食す

皮の部分も食べられ、ロスが少ない

あっさりと食べられます。

地酒ブームは加熱してきてます、お安く美味しい地酒は値上がりします

兵庫県、香住鶴 山廃のうまい地酒です。

ページ移動